低血圧の改善で毎日健康|漢方で体質を変えていこう

見上げる男性

原因不明の体調不良には

目元を押さえる人

その不調には食事療法で

低血圧の定義とは、最大血圧100mmHg以下、最小血圧60mmHg以下のことを言います。血圧が低いと気力がなくなったり疲れやすくなったりと、体に様々な不調が表れます。高血圧の場合ですと、重症化しないようにと騒がれますが、低血圧の場合は薬も処方されないことがほとんどなのです。ですから、他の病気の疑いがなければ食事や生活習慣に気をつけることによって、低血圧の改善が可能と言えます。ですが、せっかく栄養価の高い食事を摂っても、低血圧の人は、体に必要な栄養素が行き渡りにくいという特徴があります。ですから、早寝早起きを心がけ適度な運動も取り入れながら、体全体の血行を良くすることも大切になってきます。

具体的な食事例

低血圧だと感じたら、栄養バランスが取れた食事を、規則正しく食べるようにしましょう。低血圧の人は血行が悪いため、活動するエネルギーが不足しがちです。そのため、エネルギーを作り出してくれる、ビタミンB群が必要不可欠になります。それから、良質なたんぱく質も欠かせない栄養素です。たんぱく質は、魚や赤身の肉、豆腐、乳製品などがあります。特に、チェダーチーズがお勧めです。そして、こんぶやひじきなどの海藻類、小松菜や人参、ニラなどの緑黄色野菜、れんこんやごぼうなどの根菜も取り入れましょう。これらは、ミネラルや鉄分を多く含んでいますから、積極的に食べましょう。お茶やコーヒー、紅茶なども、血圧を上げるのに適していますが飲み過ぎには注意してください。

Copyright© 2016 低血圧の改善で毎日健康|漢方で体質を変えていこう All Rights Reserved.